-略歴-
韓国と日本という2つのアジアの血を受けた優作は、異父兄2人と共に、 母かね子の女手ひとつで育てられる。
なお、戸籍上は、 届け出が遅れたために1950年9月21日が出生日になっている。
'57下関市の神田小学校に入学。
'63文洋中学に入学。
'66下関市立第一高校に入学し野球部に入部。
'67アメリカ在住の叔母を頼り渡米し、弁護士になることを夢見る。
アメリカでシーサイド大学の付属高校に入学。が、 まもなくヒッピーまがいの生活に入る。
'68帰国。私立豊南高校夜間部普通科の4年生に途中編入。
'69豊南高校夜間部を卒業。六月劇場に研究生として入団。裏方修行を積む。
'70関東学院大学文学部英文科に入学。
黒澤明監督の自宅を訪れ、 三日間座り込んで弟子入りを迫っが、
監督に一目会うこと無く断られる。
'71金子信雄の主催する劇団「新演劇人クラブ・マールイ」の演劇教室に 生徒として入団。
そこで熊本美智子と出会う。
'72マールイの研究生となった。しかし文学座を再度受け、 合格し
文学座付属演技研究所十二期生となった。関東学院大学に中退届けを提出。
'73「太陽にほえろ!」にゲスト出演。 「狼の紋章」のオーディションを受け、合格。
7月20日放送の「太陽にほえろ! ジーパン刑事登場!」でジーパン刑事こと柴田純役として
レギュラー出演。 昔の劇団仲間と「F企画」という劇団を作る。
'74ジーパン刑事の殉職シーンの撮影。
'75優作の誕生日である9月21日、熊本美智子と同棲4年目にして結婚。
'79初のワンマンドラマ「探偵物語」でTV復帰。 このドラマで後に妻となる熊谷美由紀に出会う。
'80独立して、「夢家」という事務所を構える。
'81優作は美智子と暮らした家を出て、 美由紀と恵比寿のマンションで暮らし始める。
'82アサヒビールのCMに出演。優作にとってCMは初めて。
'83「家族ゲーム」でキネマ旬報主演男優賞をはじめ、数々の演技賞を受賞。
 美由紀との間に長男龍平が誕生したのを機に入籍。大晦日の夜 、母のかね子が脳卒中で倒れる。
'841月16日の午後、かね子が息を引き取る。
'85「それから」も数々の賞を優作にもたらした。
'89「ブラックレイン」撮影中から体調の優れなかった優作だったが、 ついに11月6日午後6時45分、
膀胱がんのため武蔵野市緑町にある西窪病院にて 永眠。享年39歳。
彼がLady Janeに残したボトルナンバーは彼の命日と同じ116。
彼の友人であり、映画"竜二"で脚本・主演を果たした金子正次も6年前の 同じ11月6日に亡くなっている。
西多摩霊園にある彼の墓には、美由紀により「最も優作らしい言葉」 ということで”無”と刻まれた。









SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO